社会基盤デザイン学科のカリキュラム

社会基盤デザイン学科では、幅広い知識を持って多様な分野や地域社会と協働でき、グローバル社会においても活躍できる土木技術者の育成のため、以下の図のように、従来の土木工学の学習教育分野に加えて,防災マネジメントや国際プロジェクト分野を強化し,さらに他学科の人文社会学的な科目も学べるようにしています。

これらの学科専門科目においては、学習効果を高めるためにアクティブラーニングの手法を導入し、教員や学生同士の双方向型授業を実施します。また理工系科目における各分野の学習内容は下の表のとおりです。学部共通科目についてはこちら


各分野での代表的な学習内容

社会基盤デザイン学科のカリキュラム表

社会基盤デザイン学科では、上記のような国土や地域の建設に必要な土木工学分野を軸に、下記カリキュラム表に沿って学びます。

左右にスクロールできます

1年次 2年次 3年次 4年次
基礎教育科目 現代社会で活躍する人のリテラシーを養う
  • Integrated English ⅠA
  • Integrated English ⅠB
  • Integrated English ⅡA
  • Integrated English ⅡB
  • スポーツと健康
  • 情報処理基礎
  • とちぎ終章学総論
  • Advanced English Ⅰ
幅広い教養と豊かな人間性を養う
  • とちぎ終章学特講
  • 人文科学系科目、社会科学系科目、自然科学系科目、初習外国語系科目、基盤キャリア教育科目
地域デザイン学の基本を学ぶ
  • 新入生セミナー
  • 地域デザイン学序論A
  • 地域デザイン学序論B
  • 地域デザイン学序論C
共通専門科目
  • 地域デザイン訪問
  • 地域の姿と課題 Ⅰ
  • 地域コミュニケーション演習
  • GIS演習
  • 地域デザイン倫理
  • 地域プロジェクト演習
  • 地域の姿と課題 Ⅱ
  • ワークショップ演習
社会基盤デザイン学科専門科目 専門の基礎を学ぶ
  • 社会基盤解析法 Ⅰ
  • 社会基盤解析法 Ⅱ
  • 応用力学序論
  • 構造力学 Ⅰ
  • 構造力学 Ⅱ
  • 水理学 Ⅰ
  • 水理学 Ⅱ
  • 土質力学 Ⅰ
  • 土質力学 Ⅱ
  • コンクリート工学 Ⅰ
  • 鉄筋コンクリート工学
  • 社会調査法
  • 測量学
専門各分野の応用と関連分野の基本を学ぶ
  • 測量学実習
  • 海外プロジェクト Ⅰ
  • 土木工学実験
  • 社会基盤設計演習
  • 社会基盤インターンシップ
  • 海外プロジェクト演習
  • 海外プロジェクト Ⅱ
  • 構造工学 Ⅰ
  • 流域環境学 Ⅰ
  • 流域環境学 Ⅱ
  • 衛生工学
  • 交通計画
  • 都市計画
  • 地区計画
  • コンクリート工学 Ⅱ
  • 土質基礎工学
  • 地質工学
  • 土木工学通論
  • 地域生態学
  • 景観解析
  • 構造工学 Ⅱ
  • 社会統計学
総合的な課題解決を学ぶ
  • 公共政策入門
  • 社会福祉学概論
  • 地域資源論
  • まちづくり論
  • 高齢社会学
  • 生物多様性論
  • 防災マネジメント Ⅰ
  • 土木計画学
  • 公共経済学
  • 農村マネジメント
  • 文化マネジメント
  • 地域史
  • まちづくり特講
  • 防災マネジメント演習
  • 防災マネジメント Ⅱ
  • NPO論
  • 公共マネジメント
  • 地方自治論
  • 観光地理学
  • プロジェクト評価論
  • 高齢者防災論
  • 地域環境エネルギー計画
  • 財政学
  • 環境・資源経済学
  • 卒業研究
  • 国土計画

※科目については変更の可能性があります。

卒業時に取得できる資格

  • 測量士補

在学中・卒業後に取得できる資格 詳細はこちら

印が付いているものは卒業後、一定の年数の実務経験が必要です)

  • 測量士
  • 技術士
  • 土木学会認定技術者
  • 土木施工管理技士
  • 火薬類取扱保安責任者
  • 安全管理者
  • 消防設備士