学部長挨拶

地域の未来を科学の力で

学部長写真

あなたは今日、どんな人と会いましたか?家族、学校の友人や先生、職場の同僚、登下校中の小学生やそれを見守るボランティア、コンビニの店員さん…。あなたは今、どこにいますか?自宅の自分の部屋、学校の教室、会社のオフィス、もしくはカフェでしょうか。明日あなたはどこに行きますか?友人宅、学校、会社、ショッピングセンターも良さそうです。あなたはそこにどうやって行きますか?徒歩、自転車、バス、鉄道もしくは自家用車。

地域とは、あなたを中心とした世界です。

あなたは周りの人たちとうまくコミュニケーションが取れていますか?あなたを取りまくコミュニティに満足していますか?あなたの自宅は快適ですか?学校は勉学に集中できる環境ですか?ショッピングモールは楽しい場ですか?あなたの家の前の道は安全ですか?バス停や駅まで容易に行けますか?近くにくつろげる公園はありますか?

地域デザインとは、あなたを中心とした世界を最適な状態にすることを目指す行為です。

日本は、かつて経験したことのない超高齢社会を迎えています。また、自然災害は年を追うごとに激甚化し、そして此度の新型コロナウィルス禍。現代社会の脆弱性が顕在化しています。 そのような変化の中で、あなたを取りまくコミュニティは将来に渡ってあなたを支え続けてくれますか?コミュニティにおいてあなたはどのような役割を担えるでしょうか?また、あなたの住んでいる家や街が、あなたにとって安全で快適なものであり続けるためには、どうすればよいでしょうか?災害時の安全をどう確保していくことができるでしょうか?

地域デザイン科学とは、あなたを中心とした世界を将来に渡って持続可能とすべく、様々な専門知識を有機的に結びつけることによって、問題に向き合い、これからに向けて最適な状態を創出しようとする学問です。

地域デザイン科学部は、あなたを中心とした世界を地域として、今と将来をデザインすることを学び研究する学部です。地域デザイン科学部へようこそ。

地域デザイン科学部長
藤原 浩已