スタッフ

近藤 伸也 准教授

KONDO Shinya

専門分野

防災マネジメント

研究分野

主に災害発生後に災害による影響の拡大を防ぐために平時から準備しておくこと、について訓練、シミュレーション、データベース構築の視点から研究しています。

研究課題

  1. 広域巨大災害における被害軽減に向けたシミュレーションの構築および支援プログラムの検討
    例:地方都市や中山間地域の孤立、食糧のマネジメント
  2. 防災/災害対応に関する演習/訓練のあり方に関する研究
    例:地方自治体の職員を対象とした研修、地域住民による防災訓練
  3. 我が国での知見を踏まえた防災途上国における防災プログラムの構築
    例:東南アジアの中山間地域で情報伝達システムの構築
  4. 過去の災害における対応分析を踏まえた組織マネジメント手法の提案
    例:避難所運営、災害ボランティアセンター

メッセージ

 防災マネジメント分野では、防災・危機管理分野全体を研究の対象としており、今のところ上記の研究課題を掲げています。新規研究課題(2015年関東・東北豪雨災害、東日本大震災)の提案も歓迎しますし、災害発生後に新規研究をお願いする場合があります。
 防災・危機管理に関する研究は、現場と学術的な理論との融合が求められ、最終的には現場で役立たないといけません。現場にとらわれて学術的な考え方を受け付けない、理論だけで頭でっかちになって現場の苦しみを考えないのはダメです。学術的な理論については、平時の研究活動や学会発表の場で身につけ、現場の状況は被災地での活動や防災訓練や研修等の見学によって把握してもらいます。

関連リンク

研究室HP:マネジメント研究室