スタッフ

藤原 浩已 教授

FUJIWARA Hiromi

専門分野

コンクリート工学

研究分野

コンクリート工学材料技術の高度化

研究課題

  1. 自己治癒性を有するコンクリート特性に関する研究
  2. 環境負荷低減型超高強度コンクリートの開発
  3. チクソトロピー性を付与した製品開発
  4. 各種リサイクル材料を用いたコンクリート製品の開発
  5. コンクリートの乾燥収縮低減工法の開発

メッセージ

 最先端のコンクリート材料技術についての研究を進めます。前期には、ゼミなどを通して高度なコンクリート技術の知識の習得に努めると共に、予備的な実験を行います。後期には本格的に実験を行い、その解析を進めていきます。研究室活動はかなりハードですが、今まで見たこともない特殊なコンクリートに取り組むことが出来、また解析のための実験方法、実験器具等自らのオリジナリティーを存分に発揮できる研究です。これまでにいくつもの世界初となるような製品を開発しています。研究以外にも小学校への出前授業などを学生主体で行うなど社会活動にも力を入れています。また国内、海外(チェコ、スペイン、米国、ドイツ、タイ、韓国、カナダなど)に出張し論文を発表したり、実験する機会も多くあり、社会人との交流も多々あります。自分を鍛えたいと思う学生に是非来ていただきたいと思います。
 また、例年、研究室の学生全員で海外の建設現場などを訪れ、現地で活躍する日本人技術者との交流の場を設けております。
 毎年開催される、土木学会関東支部主催のコンクリートカヌー大会に出場を再開しました。かつての最強伝説(4連覇の実績あり)を復活させるべく、挑戦を続けるつもりです。

関連リンク

研究室HP:材料研究室