スタッフ

藤倉 修一 准教授

FUJIKURA Shuichi

専門分野

構造工学、地震防災工学

研究分野

新構造形式の開発ならびに地震・衝撃荷重を含むマルチハザードに対する社会基盤構造物の防災に関する研究

研究課題

  1. 橋梁構造物の地震時の動的挙動、免震制震構造の動的応答特性の解明
  2. 高い耐震性能を有する構造の開発
  3. 地震や衝撃荷重等のマルチハザードに対する構造物の防災に関する研究
  4. 鋼コンクリート複合構造の力学挙動の解明および新しい構造形式の開発

メッセージ

 構造分野では、橋梁構造物が有名ですが、ダムやトンネルといった様々な構造物が成り立つかどうかを考えて、設計するための基礎となる知識を学びます。また、4年生になれば研究室に配属して、専門分野の研究を行いますが、構造研究室では、橋梁をはじめとする社会基盤を支える構造物を対象にして、地震といった災害に対して、強い技術や構造形式の研究を行っています。また、複合構造や新しい材料を用いた新構造形式の開発も行っていきます。
 これまでに、日本だけでなく世界各国で、研究および実務経験を積んできました。こうした経験を生かして、実社会では何が求められているのかを念頭に、皆さんと一緒に授業や研究を進めていきます。また、今後押し寄せてくる国際化の流れの中で、必ず役に立つ経験を皆さんと共有したいと思います。

関連リンク

研究室HP:構造研究室