スタッフ

横尾 昇剛 教授

横尾 昇剛 教授

環境に配慮した都市づくり、家づくり

近年、地球環境問題が注視されていますが、私たちが日ごろ生活を送っている、都市そして住宅が、その問題を引き起こす原因の一つになっています。エネルギー消費、CO2排出量を出来るだけ少なくするための都市のあり方、住まいのあり方を研究しています。都市レベルの研究では、都市のヒートアイランド現象や、都市生活に起因するエコロジカルフットプリント(環境負荷)についての分析を行っています。建築レベルでは、建築物や住宅における自然エネルギー活用(自然換気、昼光利用)に関する性能予測や測定を行ない、環境に配慮した都市づくり、住宅づくりのための基礎的な計画手法について整理しています。

環境容量と環境負荷(エコロジカルフットプリントは我々の生活を支えるに必要な資源の供給や排出物の吸収に必要な環境容量を土地面積に換算してその負荷量を表示します
図1 環境容量と環境負荷(エコロジカルフットプリントは我々の生活を支えるに必要な資源の供給や排出物の吸収に必要な環境容量を土地面積に換算してその負荷量を表示します
都市のヒートアイランド
図2 都市のヒートアイランド
建築物内外における風の流れ
図3 建築物内外における風の流れ