地域デザインセンター

Center for Regional Design


地域デザインセンター公式ホームページへ

   地域デザインセンター公式ホームページはこちら


   地域デザイン科学部においては、自主的・自律的な学修のほか地域の中に入り込んだ実践的な学修が大変重要となります。また、地域と情報(課題)を共有し、地域課題解決に向けた教育研究活動を円滑に進めるインターフェイスとしての機能が必要となります。そこで、設立されたのが地域デザイン科学部附属の「地域デザインセンター」です。

   「地域デザイン科学」とは、地域の魅力を引き出して、より良い地域を形成するために必要な、まちづくりに関わる幅広い知識と専門技術を総合的に学ぶ新しい学問分野です。
地域デザイン科学部では、21世紀の地域社会を持続可能で豊かにするために、新しい地域デザインに必要な教育・研究を行い、地域貢献に取り組みます。 そして、魅力ある地域をつくるため、地域の課題を理解し、各地域の資源と特性を活かし、地域のハードからソフトまでを支える人材を育成します。

   地域デザインセンターは、これらの実現に向けて、地域(地方自治体、地域企業、NPO等)と大学とのハブとなり、共同研究、地域連携プロジェクト、教育を推進します。 また、地域デザインに関する各種相談・情報発信を行います。

地域デザインセンターの役割

地域デザインセンターの役割

教  育

地域対応力養成科目実施支援

 「地域プロジェクト演習※」等の地域対応力養成科目を円滑に実施するために、地方自治体、地域企業、NPO等と大学との連携構築を支援します。

※「地域プロジェクト演習」(3年次・必須)は、地方自治体、民間企業等と連携し、学部を横断した学生チームが栃木県内の地域デザインを実践。コミュニケーション力、調査・分析力、プレゼンテーション力、そしてチームで動く協働力を養成します。


調査研究

共同研究促進

 大学が地域と共同してまちづくりや少子高齢化対応等の地域課題を解決するため、大学の専門性を活かした基礎的な分析を行います。また、地域の課題に対して関連する専門知識を有する教員とのコーディネートの強化を図ります。

●子どもから高齢者まで、世代を超えて暮らしやすいまちづくり

●高齢・人口減少社会に対応した、人に優しい都市や居住空間のデザイン

●災害に強く安心して暮らせる、緑豊かな地域環境整備


実  践

地域連携プロジェクト推進

 地域(地方自治体、地域企業、NPO等)が抱える課題を解決するための計画立案・取組みを教員等が専門分野に応じて支援します。また、得られた成果等は広く情報発信します。


教育2 研究1 実践1

地域デザインセンター体制

センター長 中島 章典 (ナカジマ アキノリ)
副センター長 中島 史郎 (ナカジマ シロウ)
副センター長 石井 大一朗 (イシイ ダイイチロウ)
センター兼任教員 中島 宗晧 (ナカジマ ソウコウ)
センター兼任教員 佐藤 栄治 (サトウ エイジ)
センター兼任教員 長田 哲平 (オサダ テッペイ)
特任研究員 坂本 文子 (サカモト フミコ)
特任助教 鈴木 達也 (スズキ タツヤ)
事務補佐員 駒野 純子 (コマノ ジュンコ)

地域デザインセンターのホームページをリニューアルしました。

公式ホームページはこちらからどうぞ。



お問い合わせ

TEL:028-689-6238

FAX:028-689-6235

MAIL:rdc@cc.utsunomiya-u.ac.jp